寺岡平吾

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

寺岡平吾(てらおか・へいご Teraoka Heigo 明治10(1877)年7月7日 - 昭和52(1977)年7月25日)は、日本の海軍軍人海軍少将秋田県出身。海軍兵学校第27期生(114名中7位)。

履歴

日付 階級 その他身分 補職/任官等
明治10(1877)年7月7日
明治32(1899)年12月16日 海軍少尉候補生 金剛乗組
明治33(1900)年8月10日 高砂乗組
明治34(1901)年1月18日 海軍少尉
明治35(1902)年1月18日 比叡乗組
明治35(1902)年10月6日 海軍中尉
明治36(1903)年2月4日 舞鶴水雷団第一水雷艇隊附
明治36(1903)年7月24日 舞鶴水雷団第一水雷艇隊艇長心得/第八艇隊艇長心得
明治37(1904)年7月13日 海軍大尉
明治37(1904)年12月27日 第一艇隊艇長
明治38(1905)年9月12日 扶桑水雷長/分隊長
明治38(1905)年12月12日 海軍兵学校水雷術教官/監事
明治40(1907)年8月26日 厳島水雷長/分隊長
常磐水雷長/分隊長心得
明治41(1908)年2月1日 佐世保鎮守府参謀/望楼監督官
明治42(1909)年10月11日 海軍少佐
明治42(1909)年12月1日 海軍軍令部出仕
明治43(1910)年3月22日 海軍軍令部出仕/軍事参議官副官(大将東郷平八郎附属)
明治43(1910)年12月1日 軍事参議官副官(大将東郷平八郎附属)/海軍軍令部出仕
明治44(1911)年3月1日 鞍馬分隊長
明治44(1911)年12月1日 横須賀予備艦隊副官
明治45(1912)年4月20日 海軍省人事局局員
大正3(1914)年12月1日 海軍中佐
大正4(1915)年12月13日 比叡副長
大正5(1916)年12月1日 青島指揮官
大正6(1917)年12月1日 鎮海要港部参謀長/海軍臨時建築部部員
大正7(1918)年12月1日 海軍大佐
大正8(1919)年5月26日 平戸艦長
大正8(1919)年8月5日 春日艦長
大正9(1920)年11月20日 鞍馬艦長
大正10(1921)年9月12日 鞍馬艦長/能登呂特務艦長
大正10(1921)年12月1日 霧島艦長
大正11(1922)年12月1日 陸奥艦長
大正12(1923)年12月1日 海軍少将 横須賀鎮守府参謀長
大正14(1925)年2月2日 海軍軍令部出仕
大正14(1925)年4月20日 第三戦隊司令官
大正14(1925)年12月1日 海軍軍令部出仕
大正15(1926)年9月15日 待命被仰付
昭和2(1927)年4月10日 予備役被仰付
昭和10(1935)年7月7日 後備役被仰付
昭和15(1940)年7月7日 退役被仰付
昭和52(1977)年7月25日 死去 (100)