天城級砲艦 (日本海軍, 1877)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

概説

 明治8年度計画で国産されたスループが天城である。船体は木製であり、伊豆天城山から切り出された木材が用いられた。三檣バーク式の帆走設備をもつ。完成したときには西南戦争は終っており、外交上の焦点は朝鮮半島にあった。天城はこれ以後ほぼ毎年韓国に警備のために派遣されている。明治15年の壬午の変においても朝鮮水域にあって警備にあたった。明治20年代に兵装を更新しており、12センチ・クルップ砲6門、長8センチ砲2門、短8センチ砲1門などとなっている。ちょうどこの頃、搭載していた缶が老朽化し使用に耐えなくなったため、遭難した清輝から引き揚げられた缶に換装されている。日清戦争では旅順攻略や威海衛攻略に参戦、明治31年に二等砲艦に類別されている。日露戦争では横浜港警備にあたり出撃することはなかった。戦後の明治38年に除籍、雑役船として使用され、最終的に廃船となったのは明治41年のことだった。

主要要目

排水量: 常備 911t
長さ: 垂線間長 62.17m
全幅: 10.89m
喫水: 4.36m
機関: 1軸 横置式3気筒二段膨張レシプロ 1基, 高円缶 2基 (石炭専焼), 720ihp
燃料: 石炭 150t
速力: 11ノット
兵装: 17cm砲 1門, 12cm砲 4門, 12ポンド砲 3門, ノルデンフェルト四連装機関銃 3挺
乗員: 159

一覧

計画 艦名 建造所 起工 進水 就役 艦歴 記事
明8 天城 Amagi 横須賀造船所 1875.09 1877.03 1878.04.11 1898.03.21 二等砲艦
1905.06.14 除籍