大野小郎

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

大野小郎(おおの・ころう Ono Koro 明治31(1898)年10月16日 - 昭和18(1943)年6月8日)は、日本の海軍軍人海軍少将山形県出身。海軍兵学校第48期生(171名中140名)。

履歴

日付 階級 その他身分 補職/任官等
明治31(1898)年10月16日
大正9(1920)年7月16日 海軍少尉候補生 磐手乗組
大正10(1921)年4月9日 霧島乗組
大正10(1921)年6月1日 海軍少尉
大正10(1921)年12月1日 長良乗組
大正11(1922)年3月3日 日向乗組
大正11(1922)年7月12日 海軍砲術学校普通科学生
大正11(1922)年12月1日 海軍水雷学校普通科学生
大正12(1923)年3月30日 膠洲乗組
大正12(1923)年12月1日 海軍中尉
大正13(1924)年5月13日 早鞆分隊長心得
大正14(1925)年11月20日 佐世保鎮守府
大正14(1925)年12月1日 海軍大尉 海軍大学校航海学生
大正15(1926)年12月1日 第二十八号駆逐艦艤装員
昭和2(1927)年3月22日 第二十八号駆逐艦航海長/分隊長
昭和3(1928)年8月1日 水無月航海長/分隊長
昭和3(1928)年11月15日 佐多航海長
昭和4(1929)年11月1日 海軍兵学校教官/監事
昭和5(1930)年10月15日 海軍兵学校教官/副官
昭和7(1932)年8月1日 軍事参議官副官(大将大角岑生附属)/海軍省出仕(軍務局二課)
昭和7(1932)年12月1日 海軍少佐
昭和8(1933)年1月11日 軍令部出仕/海軍省出仕(軍務局二課)
昭和8(1933)年11月15日 軍事参議官副官(大将小林躋造附属)/海軍省出仕
昭和11(1936)年3月28日 海軍艦政本部出仕/海軍省人事局局員(二課)
昭和11(1936)年12月1日 大井航海長/分隊長
昭和12(1937)年6月1日 三隈航海長/分隊長
昭和12(1937)年12月1日 鳥海航海長
昭和13(1938)年11月15日 海軍中佐
昭和13(1938)年12月15日 霧島航海長/分隊長
昭和14(1939)年11月15日 聯合艦隊副官/第一艦隊副官
昭和15(1940)年10月15日 軍令部出仕/海軍省出仕(人事局二課)
昭和15(1940)年11月15日 海軍省人事局局員(二課)
昭和17(1942)年7月31日 霧島副長
昭和17(1942)年12月20日 横須賀鎮守府
昭和18(1943)年1月6日 第一艦隊司令部附
昭和18(1943)年1月10日 陸奥副長
昭和18(1943)年5月1日 海軍大佐
昭和18(1943)年6月1日 聯合艦隊司令部附
昭和18(1943)年6月8日 海軍少将 殉職 (44)