壱岐 (初代)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

壱岐(いき Iki)は、日本の軍艦二等戦艦一等海防艦)。壱岐級戦艦

艦歴

  • 1886年8月4日、露国サンクトペテルブルク Galernii 海軍工廠にて起工。
  • 1889年6月1日、進水。
  • 1891年7月、竣工。ロシア海軍戦艦 Imperator Nikolai Iとして就役。
  • 明治38(1905)年5月28日、日本海西部にて降伏。
  • 明治38(1905)年6月6日、日本軍艦籍に編入。壱岐(いき)と命名。佐世保鎮守府を本籍とする。二等戦艦に類別。
  • 明治38(1905)年12月12日、一等海防艦に類別変更。
  • 明治40(1907)年8月8日、横須賀鎮守府に転籍。
  • 大正4(1915)年5月1日、除籍。
  • 大正4(1915)年10月4日、伊勢湾外にて金剛比叡の実弾射撃により沈没。

幹部

壱岐艦長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1910.07.16 海軍大佐 吉嶋重太郎 海兵14 第八駆逐隊司令 生駒艦長
1910.12.01
1911.04.01 海軍大佐 久保田彦七 海兵11 横須賀海兵団 待命
1911.05.23
1911.12.01 海軍大佐 東郷静之介 海兵13 周防艦長 舞鎮参謀長
1912.12.01

壱岐副長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1909.10.11 海軍中佐 古川鈊三郎 海兵21 朝日砲術長兼分隊長 教育本部部員
1909.12.01

参照