吉川漁夫

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

吉川漁夫(よしかわ・すなお 明治26(1893)年1月20日 - 昭和38(1963)年5月30日)は、日本の海軍軍人海軍主計少将福岡県出身。海軍経理学校第3期生(32名中5位)。

履歴

日付 階級 その他身分 補職/任官等
明治26(1893)年1月20日
大正3(1914)年12月19日 海軍少主計候補生 海軍経理学校乙種学生
大正4(1915)年5月15日 金剛乗組
大正4(1915)年12月13日 海軍少主計
大正5(1916)年4月28日 音羽乗組
大正6(1917)年4月1日 佐世保海兵団
大正6(1917)年12月1日 海軍中主計 平戸乗組
大正7(1918)年9月2日 呉鎮守府
大正7(1918)年9月10日 第二特務艦隊司令部附
大正7(1918)年11月1日 第二十二駆逐隊主計長心得
大正8(1919)年9月23日 海軍主計中尉
大正8(1919)年12月1日 呉鎮守府
大正9(1920)年12月1日 海軍主計大尉
大正10(1921)年4月1日 海軍燃料廠会計部部員(倉庫課主任)
大正11(1922)年4月1日 海軍燃料廠会計部部員(倉庫課主任)/呉海軍工廠需品庫庫員
大正11(1922)年10月6日 由良艤装員
大正11(1922)年11月1日 由良主計長/分隊長
大正12(1923)年12月1日 佐世保海軍経理部部員(二課/一課)
大正14(1925)年3月17日 対馬主計長/分隊長
大正14(1925)年12月1日 海軍経理学校高等科学生
大正15(1926)年12月1日 海軍主計少佐 海軍軍令部出仕/第一遣外艦隊司令部附/佐世保海軍軍需部部員(上海駐在)
昭和3(1928)年12月10日 海軍省経理局局員(三課)
昭和6(1931)年4月20日 妙高主計長/分隊長
昭和6(1931)年11月2日 海軍経理学校教官
昭和6(1931)年12月1日 海軍主計中佐
昭和7(1932)年12月1日 佐世保海軍工廠会計部工場庫主管/造機部部員/会計部部員
昭和8(1933)年10月20日 佐世保海軍工廠会計部材料庫主管
昭和9(1934)年9月1日 海軍経理学校監事/教官
昭和11(1936)年4月2日 横須賀海軍経理部第二課長
昭和11(1936)年12月1日 海軍主計大佐 練習艦隊主計長
昭和12(1937)年12月1日 海軍燃料廠会計部長
昭和14(1939)年5月20日 海軍燃料廠会計部長/横須賀鎮守府出仕
昭和14(1939)年11月15日 海軍経理学校教頭
昭和17(1942)年11月1日 海軍主計少将 大阪海軍経理部長/大阪警備府主計長
昭和20(1945)年6月10日 舞鶴海軍経理部長/舞鶴鎮守府主計長
昭和20(1945)年11月15日 予備役被仰付
昭和38(1963)年5月30日 没 (70)