千早級砲艦 (日本海軍, 1900)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

概説

 日清戦争後の軍備拡張計画で、水雷砲艦龍田の改良型が1隻建造されることになった。これが千早である。原形となった龍田は比較的小型の船体に強力な水雷兵装と高速を備えたもので、イギリスで建造されたが回航途中に日清戦争が勃発して英領アデンでしばらく抑留されてしまった。このため千早では龍田の実績を踏まえて改良するとともに国産とすることになった。千早は龍田に比べて一回り大きく、特に乾舷が大きくなったのが目立つ。竣工当時は通報艦に分類され、日露戦争では2Fに附属していた。日本海海戦では落伍したロシア戦艦にとどめの雷撃を行っている。戦後は通報艦の艦種が廃止されたために砲艦に類別変更され、第一次大戦では占領した南洋群島の警備にあたり、さらにシベリア出兵に際して極東ロシア沿岸の警備に従事した。昭和に入ってまもなく除籍されたが、その後ながらく兵学校練習船として使用された。

主要要目

排水量: 常備 1238t
長さ: 垂線間長 83.19m, 全長 87.7m
全幅: 9.6m
喫水: 2.76m
機関: 2軸 直立式3気筒三段膨張レシプロ 2基, 4 ノルマン式水管缶(石炭専焼), 6000ihp
燃料: 石炭 344t
速力: 21ノット
兵装: 12cm速射砲 2門, 57mm速射砲 4門, 45cm魚雷発射管 3門
乗員: 125

一覧

計画 艦名 建造 起工 進水 就役 艦歴 記事
明29 千早 横須賀造船廠 1898.05 1900.05.26 1901.09.09 通報艦 1912.08.28 一等砲艦
1928.09.01 雑役船
1939.07.25 廃船