加賀級戦艦 (日本海軍, 1921)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

加賀級戦艦(かがきゅう・せんかん Kaga class battleships)は、日本海軍艦艇のタイプ。大正6年度計画により2隻計画された。長門級戦艦の拡大型だが、軍縮条約のため建造は中止された。うち加賀は軍縮条約の規定により航空母艦に改造され、土佐の船体は実弾射撃実験の標的として使用されたのち処分された。基本計画番号はA127。

主要要目

排水量: 常備 39,900t, 満載 44,200t
長さ: 垂線間長 218m, 全長 231.7m
全幅: 30.5m
喫水: 9.4m
機関: (加賀) 4軸 ブラウン・カーチス式減速タービン(高低圧) 4基, ロ号艦本式缶 12基 (重油専焼8, 混焼4), 91,000shp
(土佐) 4軸 パーソンズ式減速タービン(高低圧) 4基, ロ号艦本式缶 12基 (重油専焼8, 混焼4), 91,000shp
燃料: 重油 3600t, 石炭 1700t
速力: 26.5ノット
航続力: 6500海里/14ノット, 5500海里/16ノット, 2250海里/26.5ノット
装甲: 水線帯 240mm, バルクヘッド 230-280mm, バーベット 230-300mm, 砲塔 230-300mm, 司令塔 355mm, 甲板 100mm
兵装: 41cm/45口径砲 連装5基 10門, 14cm/50口径砲 20門, 8cm高角砲 4門, 61cm魚雷発射管 8門 (水上)
乗員: 1333

一覧

計画 艦名 建造所 起工 進水 就役 艦歴 記事
大6 加賀 Kaga 川崎神戸 1920.07.19 1921.11.17 1928.03.31 航空母艦 1942.06.04 戦没 (航空攻撃)
1942.08.10 除籍
航空母艦に改造
大6 土佐 Tosa 三菱長崎 1920.02.16 1921.12.18 1922.02.05 工事中止
1922.07.31 未成引き渡し
1924.04.14 除籍
1925.02.09 処分

参照