冲鷹

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

冲鷹(ちゅうよう Chuyo)は、日本の軍艦航空母艦)。大鷹級航空母艦の3番艦。

艦歴

  • 日本郵船の発注により、三菱重工業長崎造船所にて起工。
  • 昭和14(1939)年5月20日、進水。
  • 昭和15(1940)年3月23日、竣工。日本郵船新田丸(にったまる)として就役。
  • 昭和16(1941)年9月12日、徴用。特設艦船に編入、特設特務艦船に種別。特設運送艦(雑用)に類別。
  • 昭和17(1942)年8月1日、日本海軍により買収。
  • 昭和17(1942)年8月20日、冲鷹(ちゅうよう)と命名。
  • 昭和17(1942)年11月25日、軍艦籍に編入。航空母艦に類別。
  • 昭和18(1943)年12月4日、八丈島付近において米潜水艦 Sailfish (SS-192) の雷撃をうけ、戦没。
  • 昭和19(1944)年2月5日、除籍。

幹部

冲鷹艦長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1942.08.20 海軍大佐 石井芸江 海兵39 呉鎮守府 冲鷹艦長 艤装員長
1 1942.11.20 海軍大佐 石井芸江 海兵39 冲鷹艤装員長 横須賀鎮守府
2 1943.02.01 海軍大佐 加藤与四郎 海兵43
3 1943.09.27 海軍大佐 大倉留三郎 海兵43 1943.12.04 戦死