佐世保海軍工廠 (日本海軍)

提供: wiki31ja
移動: 案内検索

佐世保海軍工廠(させぼかいぐんこうしょう Sasebo Naval Yard)は、日本海軍の官衙。佐世保軍港に所在し佐世保鎮守府司令長官に隷する。

沿革

  • 明治22年、佐世保鎮守府造船部
  • 明治30年、佐世保海軍造船廠
  • 明治36年、佐世保海軍工廠
    • 戦後
  • 昭和21年、佐世保船舶工業株式会社
  • 昭和36年、佐世保重工業株式会社

幹部

佐世保海軍工廠長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1 1903.11.10 海軍少将 上村正之丞 海兵3 佐鎮艦政部長 待命
1905.05.10 海軍少将 向山慎吉 海兵5 舞鶴工廠 竹要司令官 1905.11.13 海軍中将
1908.08.28 海軍少将 藤井較一 海兵7 第一艦隊司令官 軍令部次長
1909.12.01 海軍少将 黒井悌次郎 海兵13 敷島艦長 舞鶴予備艦隊司令官
1912.04.20 海軍少将 加藤定吉 海兵10 練習艦隊司令官 横須賀工廠
1912.12.01 海軍少将 土山哲三 海兵12 河内艦長 第一艦隊司令官
1913.12.01 海軍少将 伊藤乙次郎 海兵13 佐鎮参謀長 呉工廠
1915.12.13 海軍少将 田中盛秀 海兵13 舞鶴工廠 横須賀工廠
1916.12.01 海軍少将 山口九十郎 海兵13 鎮要司令官 海軍将官会議議員 1917.06.01 海軍中将
1917.12.01 海軍中将 岡田啓介 海兵15 海軍省人事局長 海軍将官会議議員
1918.09.04 海軍少将 木村剛 海兵15 舞鶴工廠 海軍将官会議議員 1918.12.01 海軍中将
1921.09.01 海軍少将 河田勝治 海兵17 艦本第二部長 艦本出仕 1922.06.01 海軍中将
1922.12.01 海軍機関少将 岡崎貞伍 海機2 舞鶴工廠 機関学校 1923.12.01 海軍機関中将
1924.07.25 海軍機関少将 池田岩三郎 海機3 機関学校 海軍省軍需局長 1924.12.01 海軍機関中将
1924.12.20 海軍中将
1925.08.01 海軍少将 村越八郎 海兵27 横須賀工廠造兵部長 軍令部出仕
1926.12.01 海軍少将 河合俊太郎 海機8 広工廠 軍令部出仕
1927.12.01 海軍少将 谷口美貞 海兵29 呉工廠砲熕部長 軍令部出仕
1929.11.30 海軍少将 吉岡保貞 海機11 艦本総務部長 燃料廠
1931.12.01 海軍中将 黒田琢磨 海機11 機関学校 軍令部出仕
1932.11.15 海軍造船少将 山本幹之助 東京帝大(工) 横須賀工廠造船部長 艦政本部第四部長
1934.04.05 海軍少将 氏家長明 海機15 艦政本部第五部長 技術研究所
1935.11.15 海軍少将 菊野茂 海兵34 艦本第二部長 軍令部出仕 1936.12.01 海軍中将
1937.12.01 海軍少将 砂川兼雄 海兵36 艦本第二部長 呉工廠
1939.11.15 海軍少将 原清 海兵38 企画院交通部長 軍令部出仕 1940.11.15 海軍中将
1941.11.05 海軍中将 松浦永次郎 海兵38 艦本第六部長 軍令部出仕
1943.11.01 海軍中将 相馬六郎 海兵39 豊川工廠 予備役 1945.11.01 欠員
1945.12.01 廃止

各部長

佐世保海軍工廠総務部長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1923.11.10 海軍中佐 清藤徳弥 海兵30 佐世保工廠総務部部員 佐世保工廠総務部長 心得
1923.12.01 海軍大佐 清藤徳弥 海兵30 佐世保工廠総務部長心得 横須賀工廠総務部長
1924.12.01
1929.09.30 海軍大佐 久原福松 海兵34 艦政本部総務部第三課長 佐鎮
1932.11.15
1940.03.05 海軍大佐 安場保雄 海兵42 艦政本部部員 第二遣支艦隊司令部附
1941.07.26

佐世保海軍工廠造船部長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1908.04.24 海軍造船大監 浅岡満俊 舞鶴工廠造船部長 艦政本部部員
1909.09.25 海軍造船中監 白井頼吉 帝国大学(工) 艦政本部部員 佐世保工廠造船部長 心得
1909.10.11 海軍造船大監 白井頼吉 帝国大学(工) 佐世保工廠造船部長心得 待命 1915.12.13海軍造船総監
1916.07.19 海軍造船大監 大久保立 舞鶴工廠造船部長 横須賀工廠造船部長
1918.12.01 海軍造船大監 藤田益三 東京帝大(工) 舞鶴工廠造船部長 艦政本部出仕 1919.09.23海軍造船大佐
1920.12.01海軍造船少将
1923.08.13 海軍造船大佐 岩佐尚一 東京帝大(工) 横須賀工廠造船部部員 待命 1924.12.01 海軍造船少将
1925.02.02
1931.12.01 海軍造船少将 河東卓四郎 東京帝大(工) 舞鶴要港部部員 技術研究所造船研究部長
1933.11.15 海軍造船大佐 鈴木格司 東京帝大(工) 舞鶴要港部部員 技術研究所造船研究部長 1934.11.15海軍造船少将
1935.10.25 海軍造船大佐 正木宣恒 東京帝大(工) 艦政本部造船造兵監督官 呉工廠造船部長 1935.11.15海軍造船少将
1937.12.15 海軍造船大佐 庭田尚三 東京帝大(工) 舞鶴工廠造船部長 呉工廠造船部長 1938.11.15海軍造船少将
1939.11.15
1940.11.15 海軍造船大佐 福田烈 東京帝大(工) 艦政本部部員 艦政本部出仕
1941.10.15 海軍造船大佐 芳井一夫 東京帝大(工) 呉工廠造船部部員 呉工廠造船部長 1942.11.01海軍技術少将
1945.08.05

佐世保海軍工廠造兵部長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1913.12.01 海軍少将 岡田啓介 海兵15 鹿島艦長 第二艦隊司令官
1914.12.01
1915.12.13 海軍少将 岡野富士松 海兵15 造船造兵監督官 第四水雷戦隊司令官
1917.04.01
1917.12.01 海軍少将 河田勝治 海兵17 海軍省艦政局第一課長 技本第二部長
1918.12.01 海軍造兵大監 中島章 東京帝大(工) 造兵監督官 艦政本部出仕 1919.09.23海軍造兵大佐
1922.12.01海軍造兵少将
1923.08.13
1924.12.01 海軍大佐 松浦松見 海兵30 艦政本部第一部第一課長 横須賀工廠造兵部長
1926.11.15
1933.09.15 海軍大佐 鈴木嘉助 海兵36 佐世保鎮守府 佐世保艦船部
1934.11.15 海軍造兵大佐 今井博茂 東京帝大(工) 呉工廠砲熕部部員 死去 1935.07.29 死去
1936.12.01 海軍少将 原清 海兵38 艦政本部出仕 企画院交通部長
1937.10.25 海軍大佐 山田満 海兵37 艦政本部造船造兵監督長 軍令部出仕
1938.04.20 海軍少将 春日篤 海兵37 佐世保防備戦隊司令官 第一潜水戦隊司令官
1938.11.15
1942.01.10 海軍造兵少将 久保哲 東京帝大(工) 艦政本部出仕 呉工廠砲熕部長 1942.11.01海軍技術少将
1943.05.01
1944.05.25 海軍少将 西田兵四郎 海兵44 空技廠支廠射撃部長 予備役 1945.11.01 廃止

佐世保海軍工廠航空機部長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1934.12.10 海軍大佐 飯倉貞造 海兵37 佐世保鎮守府 広工廠航空機部長
1935.11.15

佐世保海軍工廠造機部長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1923.08.13 海軍造機大佐 伊藤孝次 東京帝大(工) 横須賀工廠造機部部員 造船造兵監督官
1925.07.01
1933.11.15 海軍機関大佐 都築伊七 海機18 艦政本部部員 呉工廠造機部長 1935.11.15 海軍少将
1936.12.01
1937.12.01 海軍造機大佐 朝永研一郎 東京帝大(工) 舞鶴工廠造機部長 艦政本部出仕 1938.11.15 海軍造機少将
1939.11.15

佐世保海軍工廠医務部長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1922.12.01 海軍軍医中佐 折茂恒治 岡山医専 佐世保病院副官 舞要病院
1923.11.10
1924.12.01 海軍軍医中佐 伏島忠雄 千葉医専 呉病院部員 呉工廠医務部長
1925.12.01
1930.12.01 海軍軍医大佐 中野太郎 岡山医専 火薬廠医務部長 海軍軍令部出仕
1932.11.15
1936.12.01 海軍軍医大佐 鏑木喜平 東京帝大(医) 横須賀鎮守府 技術研究所医務課長
1938.11.15
1941.09.22 海軍軍医大佐 田辺優 長崎医専 佐世保鎮守府 湊病院 1941.10.15海軍軍医少将
1943.11.01
1944.11.01 海軍軍医少将 今田以武生 長崎医専 嬉野病院 佐世保鎮守府
1945.11.01

佐世保海軍工廠会計部長

代数 発令日 階級 氏名 期別 前職 後職 備考
1917.12.01 海軍主計大監 永安晋次郎 東京帝大(法) 佐世保経理部第一課長 海軍省艦政局第五課長
1919.06.01 海軍主計大監 飯田久太郎 東京帝大(法) 海軍軍令部出仕 大湊要港部主計長 1919.09.23 海軍主計大佐
1921.12.01
1932.02.01 海軍主計大佐 平井博 東京高商 横須賀経理部第一課長 第一艦隊聯合艦隊主計長
1932.12.01
1936.12.01 海軍主計大佐 久武戒三 東京高商 聯合艦隊第一艦隊主計長 呉工廠会計部長
1938.11.15 海軍主計大佐 是川重之助 海経2 舞鶴工廠会計部長 佐世保経理部
1941.10.15
1943.10.10 海軍主計少将 相浦次郎 海経4 佐鎮 軍令部出仕
1944.04.08


日本海軍の組織
官衙 海軍省 海軍艦政本部 海軍教育本部 海軍航空本部 水路部 海軍報道部
軍令部
海軍工廠 (横須賀 佐世保 舞鶴 )
海軍航空廠 海軍航空技術廠 海軍技術廠 (第一 第二)
海軍燃料廠 (第一 第二 第三 第四 第五 第六)
海軍技術研究所
海軍病院 (横須賀 佐世保 舞鶴)
阪神海軍部
特務機関 侍従武官府 東宮武官府
元帥府 軍事参議院
在外帝国大公使館附海軍武官 地方在勤海軍武官
学校 海軍大学校 海軍兵学校 海軍機関学校
海軍砲術学校 海軍水雷学校 海軍航海学校 海軍通信学校 海軍潜水学校 海軍対潜学校 海軍電測学校 海軍気象学校
海軍工機学校 海軍工作学校
海軍軍医学校 海軍経理学校
軍隊 艦隊 中艦隊 常備小艦隊 常備艦隊 西海艦隊
海軍総隊 聯合艦隊 海上護衛総隊
支那方面艦隊 南西方面艦隊 南東方面艦隊 北東方面艦隊 中部太平洋方面艦隊 第十方面艦隊
第一機動艦隊
第一艦隊 第二艦隊 第三艦隊 第四艦隊 第五艦隊 第六艦隊 第七艦隊 第八艦隊 第九艦隊
第一航空艦隊 第二航空艦隊 第三航空艦隊 第五航空艦隊 第十航空艦隊 第十一航空艦隊 第十二航空艦隊 第十三航空艦隊 第十四航空艦隊
南遣艦隊 第一南遣艦隊 第二南遣艦隊 第三南遣艦隊 第四南遣艦隊
第一遣支艦隊 第二遣支艦隊 第三遣支艦隊 第一護衛艦隊
練習艦隊 練習聯合航空総隊
戦隊 戦隊 水雷戦隊 潜水戦隊 航空戦隊 特攻戦隊 輸送戦隊
聯合航空隊 聯合通信隊 聯合特別陸戦隊 海上護衛隊
根拠地隊 特別根拠地隊
駐満海軍部
内戦部隊 鎮守府 (横須賀 佐世保 舞鶴) 旅順鎮守府
要港部・警備府 (竹敷 馬公 大湊 鎮海) 旅順警備府 海南警備府 商港警備府 (大阪)
警備戦隊 防備戦隊
海兵団 水雷団
基本部隊 艦船 特設艦船
航空隊
駆逐隊 潜水隊 水雷隊 海防隊 砲艦隊 艇隊 掃海隊 駆潜隊 敷設隊 防備隊 監視艇隊
特別陸戦隊 警備隊 通信隊 潜水艦基地隊