Matsudaira Yoshiyuki

From Wiki31en
Jump to: navigation, search

Matsudaira Yoshiyuki 松平義行 (明暦2年11月9日(1656年12月24日) - 正徳5年8月3日(1715年8月31日))は、日本の武将。初代美濃高須藩主、はじめ信濃高井藩主。尾張名古屋藩徳川光友三男。幼名は岩之丞(いわのじょう)、ついで源二郎(げんじろう)。

履歴

  • 明暦2年11月9日、生まれる
  • 寛文6年12月28日、従四位下左近衛権少将摂津守
  • 天和元年8月13日、信濃高井郡領を賜い、3万石を領す
  • 元禄13年3月25日、美濃高須に陣屋を移す
  • 正徳5年6月9日、隠居
  • 正徳5年8月3日、卒去。60歳。崇巌院廊誉俊月体道

在任

親族

尊属

卑属

Patrilineal ancestors from Top ancestor

  1. Matsudaira Nobumitsu (? - 1488/89)
  2. Matsudaira Chikatada (1431/38 - 1501)
  3. Matsudaira Nagachika (1473 - 1544)
  4. Matsudaira Nobutada (1490 - 1531)
  5. Matsudaira Kiyoyasu (1511 - 1535)
  6. Matsudaira Hirotada (1526 - 1549)
  7. Tokugawa Ieyasu, 1st Tokugawa Shogun (1542 - 1616)
  8. Tokugawa Yoshinao, Master of Nagoya Domain (1600 - 1650)
  9. Tokugawa Mitsutomo, Master of Nagoya Domain (1625 - 1700)
  10. Matsudaira Yoshiyuki, Master of Takasu Domain (1656 - 1715)